キャッチコピー

血糖値測定器の針が怖い

まさかこの年で糖尿病になるなんて思ってもいませんでした。
最近やたらと体調が悪く、目がかすむため眼科に行ったら糖尿病の疑いがあると言われたんです。
最初はまさかなと思ったのですが、病院で詳しく調べてもらったところやはり糖尿病になっていたようです。
たしかに食べ過ぎてはいたもののこんなに早く糖尿病になってしまうとは思いませんでした。
これからは血糖値を自分で測定しなければならず、血糖値測定器を購入しないといけないそうです。
しかし私は大の針嫌いで注射や採血が苦手なのに、毎日血糖値測定器を使用しないといけないというのははっきり言って怖いです。
血糖値は、血液検査などでも確認できる、血糖の値です。血糖とは、血液中に含まれるブドウ糖のことで、この数値は健康にも深く関わり合いがあります。
血糖値の数値が正常に保てていない場合、生活習慣病を引き起こすリスクが高まると言われています。血糖値は食事をすることで通常は誰でも上がるものですが、これは、食事によって摂取された糖質が分解されブドウ糖になり、小腸で吸収されると血液により全身に運ばれていくためです。
血糖値測定器

仲のいい友達が糖尿病になる

友達のひとりが3ヶ月前に、糖尿病になってしまいました。 年齢だけで言えば我々はまだ40歳前。 普通で考えればまだまだ糖尿病になんてなることはないと思っていたんですけどね。
その慢心とも言える心構えがよくなかったんですかね? 友達ももちろんですが、僕自身もかなりショックを受けています。 とても仲のいいヤツなので余計です。
血糖値は毎日キチンとチェックしなければいけないし、インスリンは完全に手放すことができないしで、かなり大変みたいです。 これをあと半世紀近くも続けていかなければいけないのかと思うと・・・すごく不憫で仕方がないです。 とりあえずはこれ以上症状が悪化してしまわないように、とにかく気をつけて欲しいです。
それと同時に、自分ももっと気をつけなきゃいけないな、と思いましたね。